ここでは腸の病気、腸閉塞について詳しく説明しています。

腸閉塞とは文字通り腸が閉塞してしまった状態で、腸内が狭くなったり詰まってしまい、腸内で消化物が滞ってしまう病気の事です。別名「イレウス」とも呼ばれています。
腸閉塞の原因は生まれ付きの先天的である場合や腸の癒着によるものです。また脱腸が引き金となって腸閉塞を起こしてしまうこともあります。


sponsored link




腸の癒着は、それ以前に受けた開腹手術によって起こることもあり、盲腸の手術や大腸がんの手術などの後に起こることがあります。

腸閉塞の症状は、腹痛や背中の痛み、お腹の張りや吐き気や嘔吐などがあります。症状は突然現れることが多く、腹痛は突然現れ次第に和らぎ、また急激に痛みだすという疝痛発作と呼ばれる痛み方が特徴的です。症状が酷い場合は、血流障害を起こす絞扼性腸閉塞と呼び、この場合は命の危険も伴う一刻を争う事態となります。

治療は基本的には、安静にし薬を服用したりといった保存療法が取られますが、緊急時は開腹手術を行います。しかし手術自体が腸の癒着の再発を促すことになり兼ねないので、開腹手術は慎重を期します。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 腸捻転

⇒ 脱腸の症状

⇒ 効果的なツボ

⇒ 手術について

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
dattyou21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。